• 資料・リンク
  • このHPについて
  • お問い合わせ
  • ブログ
2012年8月19日 05:53  岩瀧寺を愛する会

借景の庭

この夏の岩瀧寺は大賑わいとなりました。7月から8月にかけての15日間はクラブツーリズムの観光バスだけでもざっと50台ばかり。これはたぶん岩瀧寺始まって以来の盛況でしょう。

 夏にふさわしくその名もミステリーツアー。私が興味を覚えたのは、この募集の新聞広告に載った独鈷の滝の写真でした。それはすごい水量の瀧なのです。こういう豪快な瀧は滅多に見られません。そしてあの不思議な光景を見たのも大水の日でした。飛沫のかかる岩壁に細いうなぎが張り付いていました。さて18メートルの直瀑をうなぎはどうして登ったでしょうか? 映像がなくて残念です。

 さて岩瀧寺はただ今大変な改革が進行中です。先ず向山の杉林が伐採されました。この杉林は昭和30年から40年頃の植林ブームで将来の岩瀧寺の財源として植えられたものです。ただ枝打、間伐等の手入れも不充分で「余り物に値無し」と云われる通り用材にはなりません。ただ幸いにもチップ加工の技術開発により全く無駄に廃棄されることは免れました。

 そして無事搬出も終り、あの陰鬱な杉林がすっかり明るくなりました。此処は日照と湧水に恵まれた岩瀧寺には唯一の憩いの場なのでした。又ワラビやタラの芽等の宝庫で、戦後はサツマイモやナンキン等も植わった所です。

 伐採跡には楓や花木が植えられる予定で、楓はすごく成長の早い木なので数年もすれば紅葉も楽しめそうです。

 次に谷川沿いの大径木の杉、桧ですが、これらも殆んど片付きました。ただ残す木の選択に少々手間取っている様です。庭前の楓も今年中には整理され、遅くても来春迄には念願の風景が実現する予定です。

 以上のように改革は順調に進んでいますが、ここでちょっとお断りしておかなければなりません。それはこの事業が観光化と見做され、静かな岩瀧寺こそが望ましいという御意見です。

神戸新聞の特集記事「社寺巡礼」では「新緑の渓谷にひっそり岩瀧寺」と紹介されています。確かに此処は静かな尼寺がよく似合うと思います。私も静かさが好きな一人ですが、そうは云っておれない事情があります。

昭和初期迄は三棟の精神病患者の宿泊費と加持祈祷料、旅館や料亭の貸借料、寺有田の小作料等、相当の収入があったのですが、戦後はそれらがすっかり無くなりました。

言う迄もなく地方寺院は常に廃寺の危険を背負っています。本山が援助するわけもなく、住職の派遣もされることはありません。ですから絶対に必要なのは寺を維持する財源です。 その財源確保の為のやむを得ない開発乃至は変革だと御理解いただきたいのです。

戦後徐々にかくされてきた城山双示峰の借景や如何に? 私はこのミステリックな風景への期待で一杯です。

(小林英哉)

1